忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Plurk
プロフィール
管理人: 儀

全職乙女遊戲玩家
異常喜歡繪
Skip beat嚴重中毒者
無戀聲癖
劇情派
聽說有叔控和金.黑髮控
三國控
末期兄控, 其實是妹控控(這是什麼
因為某人而喜歡監禁愛(喂)
看完文章拍拍手我會很高興的

注意事項
劇情有捏, 隱藏在繼續閱讀
感想非常主觀, 不好者勿入
這裡不會提供任何版權物的盜版分享及其資訊
請遵守網路禮儀, 互相尊重
留言時請使用書面語
站內圖文請勿轉載


歡迎加入↓連結請便



最新コメント
[02/15 晴雪]
[07/21 名無し]
[12/08 悠羽]
[12/06 悠羽]
[12/06 悠羽]
[09/23 琴]
[08/26 琴]
[08/01 悠羽]
[07/09 名無し]
[06/24 悠羽]
カテゴリー
頹廢都市
もし貴方はこの世にいるのなら、世界の果てまで探し出します 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中毒也不該這樣, 於是連SS我也跑去寫了orz 第一次寫SS獻給三國戀了. 而且因為中文會讓味道不同所以用的是日文. 害我作這一小段竟用了一個晚上(把時間還給我啊啊啊.....於是誤字錯文法有也說不定. 確認到的話請指正...(日文小白學人作文簡直...(抱頭) 最後的部分感覺很草率..因為我很睏卻又不想留到明天繼續..(我要做功課啊~~~)但現在已經兩點了orz||||||

於是這篇在孟德的泡沫の未来的ED後, 主角的視點, 沒錯, 是主角的視點! 建議跑完這ED跟雲長才好看...於是貼完倒去...晚安

追加(醒來後復活了一半. 其實中段沒打算寫得這麼詳細, 誰不知寫著寫著覺得最初的設定有邏輯問題. 結果改著改著愈寫愈長..(本來只打算一小段搞定...結果害得最尾那麼草率= =|||| 我不管了囧

拍手

 

私のたった一つの願いです

時々思うんだ、何か大切なことを忘れたんじゃないかと
いつからだろうか、大切な人を失った気がする
右腕も、ズキズキするような痛みが残っている
怪我はしてないのに、傷もない
でもこの痛みには、いつも特別な温もりが伴う
いったい何でだろう・・・
痛いけど、愛おしい

心のどこかに穴が開いている、それを気にしながらも普通の日々を過ごした
家に両親がいて、生意気な弟がいて
友たちと買い物をして、のろけ話を聞いて
ごく当たり前の生活
けど・・・
今はどうしてこのような生活をこんなに愛おしいと思うだろうか
私はその原因を知る術はまったくなかった


ほら、今日もかなと彩とウインドーショッピングをする
「幸せだな」
思わず口にする言葉
この平和な街で暮らすのは本当に泣きたいくらい幸せで、落ち着く
「オヤジ臭いな、花は」
笑顔を作ると、かなが笑顔を返してくる
こういう何もない日々がすごく好き
でもある人の笑顔も見たい気もする、きっと、その忘れてはいけない大切な人の笑顔
誰だろう、私にとっては大切な人、家族、友達以外の、特別な・・・
「ねね、このピアス、可愛くない?」
「あ、本当ね、かわいい」
アクセサリー店の前に止まった
並べたピアスはどれも可愛い
そういえば、私前にもそれを似たような耳飾を付けた気がする
「ね、私、耳飾を失ったのかな」
なんだか、そう遠くないことだった、でも覚えてない
「え、耳飾?花はずっと何も付けてないじゃないの?イヤリングでもピアスでも」
「そう・・かな」
けど、このピアスに似てる印象があるな
「あ、ほら、孟徳さんが私に似合うって言ったあの・・」
・・・・え
「もう・・とく・・さん?」
そう・・・だ
何で忘れたのかな、とても大切な人なのに
「もうとく・・・どこが聞いた名前だね・・・うん・・・あ~三国のレポートをやるとき!確か丞相とかなんとか」
そう、丞相だよ
怖い人だけど、人間不信で、それでも私を信じたいと言ってくれた人
大きな権力を握ってるのに、心が脆い人
「花、なに寝ぼけてるの」
寝ぼけてる・・・それは夢だったならいいのに
「最近いつも上の空って感じがする、大丈夫?疲れすぎ?」
でも胸がこんなに痛くなる夢、あるのかな
「は・・花、泣いてるよ」
止まらない涙が次々に頬から地面に落ちた
ああ、そうか
あの日、孟徳さんが私の腕を掴んだ、それは腕の痛みの答えだね
ね、孟徳さん、もう一度あなたに会いたいよ
最後は孟徳さんの泣き顔を見た
ね、今はまだ泣いてるの?
私はあなたのいうとうりに、両親のそばで、友達のいる場所で生きているよ
私は大丈夫だよ、だからもう泣かないで
ね、私は孟徳さんのこと好きだよ、笑顔を見たい、最後にそんな顔をさせてごめんね
もう一度、あの世界へいけるのかな
もう一度、あなたの傍に行けるのかな
もう一度、あなたの手の温もりを感じさせてくれるのかな
かなと彩の声は私に届かなかった
ただただ
あの人に会いたいと、願った

* * *

あの日以来、本を探してた
学校の図書館から消えた、あの不思議な本
さまざまの図書館と本屋を転々として、三ヶ月が経った
また、この本と出会った
本にそっと触れた、懐かしい感触、思い出が多すぎるくらいの物語
決意をした、家族にも、友達にも、さようならを言った
みんな、ごめんなさい、私にはどうしても会いたい人がいるの
今度の願いは、これしかないんだ
孟徳さん、あなたの傍に行きたい

飛び込んできた場所は、最初の時と似てる場所だった
孔明さんは・・・・いない・・だね
とりあえず道を進み、前と同じく玄徳さんたちと出会った
玄徳さんたちと挨拶をすると
「きみは・・・?」
「え、花です、山田花です、もうお忘れたんですか」
「花、か・・すまん・・見覚えはないが」
え、なん、でだろう、記憶が失ったとか
「玄に、この方は私の古い知り合いです、同行の許可をいたたきたい」
「ええ?雲長兄が女の子と知り合いなの」
「おお、雲長の知り合いか、歓迎する、彼女と一緒に帰るか」
「ありがとうございます、では」
訳分からないまま、雲長さんと一緒に馬を乗った
そして前の部屋に戻ったあと、雲長さんが説明してくれた
ここはまた、前とは別の世界のこと
今はまだ景星殿がご健在の時代のこと
「そう・・・か、道理で玄徳さんが私を知らないですね」
・・・・道理で孟徳さんも私のことを忘れたんだね
それ以上雲長さんは何も言わなかった
前に私は孟徳さんのところに残る理由も問わなかった
そして、先も私を庇い、助けてくれた
「ありがとうございます、雲長さん」
雲長さんはただ微笑みで頷いた

時が経つ、策を献ずる、そして玄徳軍で居場所を作った
明日の戦いで孟徳さんと会えるはず
また、止めることができなかった、あの金色の炎を冷たく見てるあの人を、止めなかった
ね、孟徳さん、もう一度その冷徹の表情を目にするのは、どうしようもなく、悲しい
だって、私は知ってた、孟徳さんのいろいろの表情を
あなたはただ残酷な人ではなかった
笑った顔も、泣いた顔も、疲れた顔も、悲しい顔も、楽しい顔もすべて、私の心に深く刻み込まれた
ただ人を信じるのが怖い、繊細な人
前と同じなら、私は孟徳さんのところへいけるはず
今夜は玄徳さんと、他のみんなとの最後の一夜
だからみんなにありがとうと、さようならを呟いた

「翼徳さん!」
私は翼徳さんの傍へ駆けた、そしてあの場所で、あの人ともう一度出会った
ただ顔を見るだけで、嬉しくて、胸が熱くなるなんて思わなかった
「孟徳さん」
自分しか聞こえない声で、名前を呼んだ
やっと、会えた、目が熱くなった
「おーい、張翼徳。何故橋を落とさない?追われたくなければ橋を落とせばいい」
前と同じ台詞というのは、私を忘れていたという最も有力な確証
顔は一緒なのに、私に対する記憶はないんだ
ああ、なんて寂しいだろうか
忘れと忘れられ、どっちの方が悲しいだろうか
私には分からない、そして分かりたくもない
もう忘れたくないんだ、忘れるはずもない
あなたの顔を見た瞬間確信した
私はあなたを愛してる、過去も、今も、これからも
だから忘れられたのは、悲しすぎて、このように涙が溢れてきた
「え!?うーん、なんて答えれば・・え、花?」
「私があそこに行きますから、捕虜として」
「えええ?!花、何言ってるの!」
「だから玄徳軍を見逃してほしいです、これは条件です」
「花!」
「ふーん、博望と新野の敗北に姿を見せた子が自らこっちに来るとは」
「孟徳、あれは罠かも知れんぞ」
「よい、条件を受けた、今回は玄徳軍を見逃す」
「孟徳!」
「いいよ元譲、玄徳はいつ攻めてもいい、だが人材を集める機会はそう多くないよ、おまけに可愛い女の子だし」
「はあ・・・もう知らん」

孟徳が私の条件を受けるのは予想できる、彼は人材を大切にする人
何より、彼は女の子が好きな人、それも承知の上
翼徳さんにお別れお言って、そして彼に背を向けて、ゆっくりと、孟徳軍へ歩み始めた
涙を抑えるまま、孟徳軍の馬を乗って
孟徳さんに近づいた喜びと、彼は自分のことをさっぱり忘れた悲しみが襄陽への道で味わった

襄陽に辿り着いたあと、私は孟徳さんと接見した
「あー来た来た、気分はどう?疲れてたんじゃない?」
「あ、いいえ、慣れたのですから」
ね、覚えてる?あなたと十年前に飛び込んだ時のこと、一緒に馬を乗る、夫婦の名義を使うこと
「襄陽にはじめて来たの?」
「初めてではないです、前に少々・・・」
あなたと初めてのデートの場所、あなたの手の傷を知る場所
「そうか。とりあえず、自己紹介でもしておこうか」
「俺は孟徳」
うん、よく知ってる、この笑顔も、嘘をつかない所も
過去に囚われた事も、人を信じたい、でも信じ切れないことも全部
私、よく知ってるよ
だって、あなたを愛してるから
ね、私のことを忘れても、あなたがあの時の孟徳さんとは違っても
もう一度私を信じてくれませんかな
もう一度好きと言ってくれるのかな
今度こそ、前とは違う結末を迎えたいんだ
これは、私のたった一つの願いです

 

(どうか、もう一度私と恋に落ちますように)

PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:

TITLE:

URL:


MESSAGE:

PASS:
無題 
其實我覺得打成中文也不錯說(笑)
然後看到開頭那句話我瞬間想到KOKIA的「たった1つの想い」
同樣是我喜歡的曲子之一
所以說儀其實有心電感應對吧?

這篇文莫名的讓我想到某句名言
「沒有任何一個回憶是應該被遺忘的」
即使覺得自己遺忘了,那份回憶還是深藏在心中深處
看完之後我果然還是很佩服花的勇氣
如果是我大概會猶豫不決到死吧
我相信就算時間重來,孟德還是會喜歡上花
應該說,在我心中能陪伴孟德的女生就只有花了
2010.04.29 14:34 Posted by 悠羽 | Edit
Re:無題
用中文的話某些地方會讓我糾結很久, 光是さん這敬語就囧..
而且ね之類的, 還有各人的語氣大概都會糾結很久就是(日文的話就算不說名字光憑語氣就知道是誰在說話...
所以不管用什麼語言都很頭痛Orz||||
當是日語練習好了XD
第一次的SS還算不錯吧..雖然中途覺得文章很冗長囧 但是減掉又覺得不夠
結果最初想到的梗有些沒用到. 例如"あなたしか愛せない"之類的(早知道就寫下來提醒自己
我也覺得能替孟德解開心結的就只有花了w 所以很想給泡沫の未来ED多一次機會讓他們從新來過
KOKIA那首沒聽過喔XD 反而一邊聽著美しい名前一邊寫(還在loop), 覺得文章也有點受影響了
寫出來的東西好消極啊
我以為自己最近在寫金髮君的故事已經變得積極向上了說! 下次要寫的話絕對要寫甜系的(我可是崇甜的人啊!XDD
2010.04.29 16:44 From 儀
無題 
其實在看到儀寫出這篇SS的時候
我只覺得儀根本不是掉坑而是跳到黑洞裡去了XD
感覺要從黑洞裡爬出來似乎得花很長的時間(笑)

邊聽美しい名前邊打文絕對會受影響= =
那首太揪心了……
應該說聽那首還能打出甜文的人是變態吧(喂)
同感我也想看甜文(舉手)
比起悲文我更喜歡砂糖或是笨蛋情侶之類的文
2010.04.29 20:27 Posted by 悠羽 | Edit
Re:無題
黑..黑洞XDDD|||| 悠羽形容得真貼切XD
完了我沒救了XD 比カヌチ中毒還要深的樣子XD
Daisy2你害人不淺啊(指)

好吧我就嘗試成為第一個變態!(抱歉你沒這才能)
其實甜文我真的開始寫了(還是孟德XD), 不過正努力抑制自己
幸好手機是日系的可以在車上寫作 有生以來第一次感謝日系手機的功能(喂
果然有愛的話ネタ完全是自然浮出來, 除了邏輯上的問題之外劇情的發展很順利地想出來了
要不是語言上的隔閡我大概會一日生一篇XD|||<其實我還在掙扎要不要轉用中文.. 這樣真的很別扭(如果是原創的世界觀我一定會用中文orz
2010.04.29 21:07 From 儀
氣氛超好>< 
我覺得還不算太消極啦XD
感覺像是帶著幾分懇願又帶著幾分希冀那樣~

改變過去命運的機會……
這個設定讓我想到了開了逆鱗的望美呢><

說起來這篇的感覺稍微有點花孔明?XD
2010.04.30 14:00 Posted by 琴 | Edit
Re:氣氛超好><
遙三還沒玩..XD(把所有人氣高的遊戲都skip走的人XD
花孔明也還沒玩, 不過這個我一定會開的, 讓我稍微留著"這遊戲還沒跑完"的感覺比較好, 我很不捨得完掉啊
說消極的話還沒到那SS blog寫的來得消極..我想起鳥籠ED後續那篇SS了...orz||(好黑暗..
然後正在寫的第二篇中段又正經起來了. 啊我就不能寫出純糖或是搞笑文嗎(抱頭)
2010.04.30 16:12 From 儀
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
応援!
五十嵐 馨
『華アワセ』応援中!

『大正×対称アリス』応援中!
ヴァルプルガの詩
クロノスタシア応援中!
「Double Score」応援中!
月影の鎖 応援中!
【三国祭り】
Code:Realize ~創世の姫君~ 応援中!
※「Code:Realize ~創世の姫君~」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
長期応援!
ともリンク











ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by yee  /  Design by Lenny