忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Plurk
プロフィール
管理人: 儀

全職乙女遊戲玩家
異常喜歡繪
Skip beat嚴重中毒者
無戀聲癖
劇情派
聽說有叔控和金.黑髮控
三國控
末期兄控, 其實是妹控控(這是什麼
因為某人而喜歡監禁愛(喂)
看完文章拍拍手我會很高興的

注意事項
劇情有捏, 隱藏在繼續閱讀
感想非常主觀, 不好者勿入
這裡不會提供任何版權物的盜版分享及其資訊
請遵守網路禮儀, 互相尊重
留言時請使用書面語
站內圖文請勿轉載


歡迎加入↓連結請便



最新コメント
[02/15 晴雪]
[07/21 名無し]
[12/08 悠羽]
[12/06 悠羽]
[12/06 悠羽]
[09/23 琴]
[08/26 琴]
[08/01 悠羽]
[07/09 名無し]
[06/24 悠羽]
カテゴリー
頹廢都市
もし貴方はこの世にいるのなら、世界の果てまで探し出します 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

終於糾結完了~!! 不知怎的寫孟德時明明很順利, 一寫到仲謀就卡著卡著, 卻愈寫愈長, 而且到後來兩人的形象有點崩了XD 尤其是主角, 崩到不行XDD 我不管了. 本來想寫甜文的變成搞笑文..(喂) 不過搞不搞笑又是一個問題...嘛. 反正寫完就算了..

於是寫完這篇真的要停下來了.(其實我都說了幾次) 這兩星期實在太多東西要處理, 過了這地獄月回來再寫吧(話雖如此如果在車上有靈感還是會寫的感覺orz||||

拍手

 

友情の証

むかつくんだよ、あいつ
この世界で唯一俺様に逆らう女だ
その度胸は一体どこからだったのか
自分の無力さを分かってるくせに、大人しくしてないし、面倒なことに考えなしで飛び込む
目が離せない、傍に置きたいくらい、危なっかしい
だがあいつは鳥のように掴めない、なにを考えてるのも全然読めない
突然玄徳のところやら変なところやら帰ってもおかしくない
尚香と大小たちとは全く違う性格で、扱い方もさっぱり分かんない
女はそんな面倒な生き物だと生まれてから初めて知った
大人しい女が好みだ、俺様に従順すれあいい
その筈なのに、あいつのことを考える時はいつもイライラして、血がのぼる自分が更にむかつく
いつからこんなにあいつのことを気にしたのか
自分に問っても答えは見つからねえ

「これで尚香さんとお揃いですね」
「はい、ここでは年の近い女の子はあまりいませんから、花さんと仲良くできますのはとても嬉しいです」
「なんだか友情の証みたいでいいですね」
友情の証、ね
感情を形で表現するほうが安心するのか女は
その方が絆を強まるのか
・・・面倒だ
「おい」
「兄上」
「仲謀、尚香さんに用事があるの?」
「いや、花、ついて来い」
「は?どこに行くの」
「俺についてくるだけでいいんだよ」
「そんな強引な・・・言わないなら行かないよ」
「ち・・買い物だ、街へ行くんだ」
「なにを買うの」
「いちいちうるさい女だ、行けば分かるんだろう」
「え、あ、仲謀、引っ張らないでよ」
「尚香さん、また今度でね」
「はい、行ってらっしゃい」
掴んだ腕はあんまりにも細くて、生意気な性格だけで、年上でも変なところにちゃんと女らしくじゃないか
背も俺よりずっと低いし
前におんぶした時も軽い気がする
この体では、簡単に男に担われて、捕らわれそうだ
「ちっちゃい・・・・」
「は?何が」
「お前だよ、ちゃんと飯、食ったのか」
「私は普通の体型だと思うんだけど」
「ちっちゃい過ぎるんだよ、知らない男に担われて捕らわれたらどうする」
「それは仲謀しかやらないと思う」
「は?誰かそのようなことを・・・喧嘩売ってんのか」
「別に喧嘩売ってるんじゃない、ただ事実を言ってるだけ」
「それは喧嘩売っていると言うんだ!」
「なんなら・・・・こうだ」
「あ・・・!仲謀!」
抱き上げた体はやはり軽くて、このまま街まで歩いても疲れなさそうだ
でも、抱き上げた後、こいつの体温を感じられたから、突然意識した
・・・・・・・・・・・・・!
なにやってんだ、俺
その温もりは毒のように体中で広がる
何より・・
「お前、なにか香料でも塗ってんの」
「何も塗ってないの!それより下ろして!」
塗ってないのに、この理性を奪うような香りは一体どこからだって言うんだ
このまま香りに襲われ続けたらやばい気がする
「仲謀?」
頼むから、今は名前を呼ばないでくれ
「顔、赤いよ?」
「う、うるさい」
もう駄目だ、痴漢になる前に降ろす
あいつと距離を取って、冷静に戻す時間が必要だ
「・・・・・・・」
「仲謀?どうして突然黙ってるの?」
「なんでもない」
なるべく早く街に辿り着いたくて、早足で歩く
人が多いところなら、理性が保ってるはず
でなければこいつを引き寄せたくて、抱きしめたくて、口付けたくて仕方ない
「ま、待って仲謀!仲謀だってば」
やはり面倒な女だ、だから名前を呼ばないでくれと言ったんだろう
嫌な女だったのに、なぜこうにも俺をおかしくさせるんだよ
あいつの声を無視して、出来るだけ早く、あいつの傍から逃げたい

* * *

「は~やっと辿り着いた」
街への道は前より長かった気がする、でもやっと安全な場所に辿り着いたら一安心だ
「ちゅ、仲謀・・・はぁ、そんなに走らなくてもいいのに」
いい訳ないだろうが!お前がのんきすぎるんだよ
「それで、何を買いたい?」
「今から考えとく」
「え?買いたいものがあるんじゃないの?」
「あるんだよ」
尚香と友情の証を交わしたから、俺が買ったものも身に付ける方がいいじゃないかと思ってる
こいつ、いつから消えてもおかしくないから、せめて俺に関しての記憶が思い出に残させたい
証、みたいなものを身に付け、そのものを目にするとき俺を思え
それだけさ、こいつが玄徳のところに戻ってほしいなら帰す、その意思を尊重する
こいつの決め事は俺が口を挟みたくない
でもな、証って普通は何物を贈るんだか・・・
「おいお前、何かほしいものあんの?」
「別に、何かほしいものはないけど」
「一つや二つくらいあるんだろう」
「そう言われても・・突然そんなことを言っても分からないよ」
あー面倒くさい、何がいいのかさっぱりわっかんねえ
もういい、とりあえず服を売ってる店へ行けば何かいいもの見つかるかも知らねえ
・・・・・・・・
「この服、どうだ」
「うん、かわいい」
「こっちは」
「この花柄、かわいい!試着行ってもいい?」
「ああ」
・・・・・・・・
くそ、かわいい過ぎじゃないか、こいつ
・・・・・・・・全部買おう、どれもこいつに似合い過ぎだ
「手を出せ」
「わあ・・・全部私にくれるの?そんなに要らないって」
前の上着も拒絶する気だ、最後は無理矢理着せさせるんだが、今度は別の方法でなければならねえ
「要るんだよ、その貧相さを何とかするんだ」
「貧相って、またそういう事を・・・ひどい」
「いいから素直に受け取るんだ」
「次の店へ行く」
有無を言わせずに次から次へと色んなものを買い上げ、何となく満足げな微笑みが浮かぶ
「仲謀!買いすぎだよ」
「贈り物をくれるのは嬉しいけど、そんなに要らないの」
「一体どうしたの、いきなり贈り物なんて、しかもこの量・・・」
「お前、尚香と友情の証とかあるんだろう?だったら俺が贈ったものも身に付けるんだ」
「だったらって・・・両者は関係ないと思うんだけど」
「どうだっていいだろう」
「でも、仲謀も友情の証が欲しいと言うのなら、何かお揃いの物を付けてもいいんだよ?」
「だ、だれかその恥ずかしいものが欲しいのかよ!」
アホ!男女の間に友情の証なんて、おかしい過ぎるんだろうか、友情なんて!
「そう?欲しくないんだ」
「お・・おう!当たり前だ」
お揃いのものはとても欲しい、でもそれは友情だからとか、考えるだけでむかつく
「クスクス」
「何気味悪くて笑ってんだよ」
「別になにも。あ、ほら、あそこの装身具の店に寄っていこう?

「いらっしゃいませ。ゆっくりご覧ください」
「わあ・・ここの装身具、綺麗だね」
「ね?仲謀」
「ああ」
こいつはこのようなものがほしいのか、なら最初からそう言ったらいいんじゃねえか
「あの、おふたりは恋人なのでしょうか」
はあ?!こ、恋人・・・?
何言ってんだこいつ!
どう見ても恋人同士には見えないだろうが
「はい!」
はあ?!こいつも、何言ってんだいったい?!
「ちょ・・・!」
「それなら、こっちの商品をご覧くださいませ、恋人同士のためのお揃いの首飾りです」
「この首飾り、綺麗・・・ね、仲謀はどう思う」
どうって、お前はそれがいいのかよ、恋人って
俺たちの関係はそういうもんじゃないし、こんなものを付けてもいいのかよ
誤解をされたくないじゃないのかよ
「ああ、綺麗だけど、別のものを買う方がいいだろう」
「ええ?何で?これが欲しいの」
な、なにこの上目遣いは?! ちくしょう・・・!
こいつ・・・わざとなのか
わざとだよな?!
・・・・・
もう・・・降参
分かったよ、買えばいいんだろう、買えば!
だからそんな可愛い目で見るな
「そ、そう、か?じゃあ仕方ねえな、買おうか」
必死で平静を装いながら、外へ踏み出す
「仲謀」
こいつはとても危険だ、街中とは言え、さっきみたいな裏技を使えば理性が持たないかもしねんぞ
「仲謀!」
だから名前を連呼しないでくれよ
「はあ、なんでまたそんなに早く歩き出すの」
「べつに」
なるべく視線を合わないように話しを続ける
「どこを見ているの?」
「どこにも」
「だったら、こっちを見て。話をしてる間に相手の目を見つめるのは基本の礼儀だから」
頬が掴まれた、目の前に花の顔がある
・・・・・・・・
仲謀、しっかりしてよ
耐えられるはずだ、俺は孫家の当主だから、こんな馬鹿なことに負けるはずがないんだ!
「はい、もうつけた」
「ん?」
「首飾りだよ、証が欲しいでしょう?」
何がなんだか分からないけど、まあ、とりあえず痴漢にならなくてよかった
「最初からそう言えばいいのに」
いや、それは格好悪すぎるんだから
「いや、欲しいなんて一言も言ってないけど」
「素直に認めれば?じゃなきゃ私、付けないよ」
「帰る」
「私を無視しないでよ」
最終的にはお揃いのものを付けたのだが
お前にとってこれは友情の証なんだろう?
やはりむかつくけど、捨てるのも勿体無い
なら、これは愛情の証と、俺が勝手に決め付けるんだ

PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:

TITLE:

URL:


MESSAGE:

PASS:
王子線的花姑娘很有小惡魔氣質XD 
因為對方是年下嗎?
感覺花姑娘的態度一直都很有餘裕呢XD

寫文辛苦了>//////<
儀家固然是在開三國祭,回頭望望自家也是一樣……(掩)
為QR家以外的遊戲寫這麼多篇也算是首次呢ww

(拍拍)
誰叫我們是全員愛呢~~>/////////<
2010.05.04 04:48 Posted by 琴 | Edit
Re:王子線的花姑娘很有小惡魔氣質XD
花姑娘的性格被我徹底地扭曲了www
我一邊寫都都忍不住要問這是誰XD|||(應該是因為受到同人圖的影響(這人每天去看圖沒救了)

三國祭久久完不了的感覺. 乾脆做個banner好了你好無聊
就算到現在我還是很想畫同人圖 我當初本來打算快點清理完這遊戲功課去的. 結果整整high了一個月orz||||
只能說這遊戲每條線都寫得太棒了 哎我真的好想看回三國演義喔~!!
2010.05.04 14:05 From 儀
無題 
喔喔!期待以久的仲花終於出來了
怎麼感覺仲謀的可愛度直線飆升?
看完之後有種想回去再跑一次的衝動
於是同感我好像也看到小花背後的小惡魔翅膀了www
不過這樣的小花也很棒,應該說我喜歡這種性格的女主

最後,我可以期待下次出現玄花嗎?(燦笑)
2010.05.04 14:30 Posted by 悠羽 | Edit
Re:無題
哇哇悠羽的笑容好黑~! 太黑了XD
寫什麼還是看著辦狀態w 應該說我去做功課啦~!XD

寫到中途有點後悔用了仲謀視點, 從主角的視點看仲謀的話可能會更可愛的感覺
不過寫到最後覺得原來寫這傢伙的心理狀況也很不錯XD 這人實在太好玩了www(仲謀的忍耐力其實很高的www)
話說仲謀的說話癖好麻煩, 老是だよだよ的我覺得很煩, 但不這樣說的話又不像仲謀XD||
主角的性格在開始的時候還很正常, 沒想到(?)後來竟然性格突變wwww
2010.05.04 14:45 From 儀
無題 
笑死我了哈哈哈>///<
仲謀你太蹭了XDD好萌.糾結的你真有愛w
花雖然很遲鈍不過這樣的花也很萌啊!
偶爾惡魔一下嘛反正比仲謀大哼哼[喂~
看著的時候很自然就想到畫面了XDD好有愛~期待下一篇的出現XDD
2010.05.13 21:40 Posted by 寧[阿扣] | Edit
Re:無題
噗噗, 寧來這邊了啦XD 歡迎喔~ (論壇那邊PM晚點再回
要是文章能讓人說出好萌就好了XD
仲謀的性格其實很好寫. 就是情景上很難表現他最可愛的一面
我突然發現大家對主角的稱呼都很不同~!?
好吧我就叫她主角主角的啦XD
其實年上年下我都沒怎麼在意, 純粹是仲謀實在太好玩才出現這樣性格的主角=w=
2010.05.13 22:58 From 儀
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
応援!
五十嵐 馨
『華アワセ』応援中!

『大正×対称アリス』応援中!
ヴァルプルガの詩
クロノスタシア応援中!
「Double Score」応援中!
月影の鎖 応援中!
【三国祭り】
Code:Realize ~創世の姫君~ 応援中!
※「Code:Realize ~創世の姫君~」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
長期応援!
ともリンク











ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by yee  /  Design by Lenny